城壁、門

戻る 

サン・ジェンナロ門 
via porta san gennaro


1573年に完成した作品で、総督の時代には、街の城壁の北側にありました。古代ギリシャ-ローマ時代の城塞の門にくらべ、少しだけ前に移され、ナポリ北部への唯一の出入り口が造られ、聖ジェンナロが眠っているカタコンベにつながっている唯一の道の上に開いていたことから、その聖人の名がつきました。1656年に起こったペストの流行後、以前の供物のように現在もその描跡が残っているマッティア・プレティによるフレスコが描かれた壁がんが加えられました。

 

 


© ナポリ観光労働組合  著作権
design & engineering