城壁、門

戻る 

アルバ門 
via port'alba


この門はナポリで現在でも最も通行料が多い場所・デクマーノ・マッジョーレ(現在のトリブナーレ通り)の時代から、トレド通りのちょうど間に位置しています。ダンテ広場は昔、「デル・メルカテッロ広場」と呼ばれて、その後ルイジ・ヴァンヴィテッリにより「フォロ・カロリーノ」と名前を変えました。このことからもわかるようにポル・タルバは、過去の時代の証人でもあるのです。門のファザードにある、聖・ガエターノの彫像は、現在は崩されてしまった、レアーレ門にあったものを持ってきています。

 

 


© ナポリ観光労働組合  著作権
design & engineering