ロマネスクと中世ツアー

 

戻る

ツアー:

| ロマネスクと中世 | ルネッサンス | バロック| ロココ|

地図を参照 >


サン・ピエトロ・ア・マイエッラ教会

モニュメントは各歴史的地区に配置され、中心街の散歩道その他で見ることができます。

その後、公爵の輝かしい時代(763-1139)美しいサンタ・マリア・マッジオーレの鐘楼の聖なる石、サンタ・レシスツゥータにあるモザイク、そして中世の伝統的なビザンチンの主軸であったポルティチのトリブナーリ通りノルマン時代、フーヘンシュタウヘンが統治し始めるとナポリは都市として重要ではなくなります。1266年アンジュー家のカルロ1世がナポリに再び首都を移しました。そのとき文化と街を大きくしました、それに伴い更に多数のフランスゴシック様式のモニュメントを立てました。フランス人宝石アーチストがドゥオーモ内にある礼拝堂サン・ジェンナーロの聖遺物箱造りました。アンジュー家はまたイタリア人アーチスト、ジョット、シモーネ・マルチーニ、チーノ・ダ・カマイーノをナポリに呼びました。フィレンツェの銀行家達も出資し芸術家達を保護しました、その中にはまだ若かったボッカッチオもいました、彼はこのストーリーをオペラ、デカメロンに書き留めました。

ナポリは芸術的に重要な都市になり有名な詩人ペトラルカはナポリによく足を運びました。
文:ジェンナーロ・ボッレッリ

ナポリ観光協会労働組合がこのホームページの権利を持っています
design & engineering